当サイトの開設にあたって

 

「理屈と現実は違う。」

「実務家は机上の空論を振り回してはいけない。」

 いずれも、もっともな言説です。

 しかし、実務家は、近視眼的に日々の仕事に邁進してさえいればいいのでしょうか?

 

 テレビなどで土地問題が取りあげられることが、よくあります。

 しかし、そこに鑑定士が登場することは、あまりありません。

 我々が世間を相手にしていないのか。世間が我々を必要としていないのか。

 少なくとも、自分の身近な仕事だけに埋没しているようでは、

 社会に対して発言すべき事柄など、持てるはずがありません。

 

 医師に、臨床医と研究医がいるように、

 専門職業家にも、実務の最前線で活躍する立場と、

 理論を構築、発展させて実務に寄与する立場があっていいと思います。

 私は、後者でありたいと願っています。

 

 大それたことを発言するつもりはありません。

 日々感じたこと、疑問に思ったことをそのままにしたくない。

 少なくとも、忙しさを言い訳に、流されることはしたくない。

 子供のように常に好奇心を持って世の中を見ていたいから、

 「考える」ことを、ライフワークとしてゆきます。

 

 当サイトでは、

 私の不動産鑑定士としての拙い実務経験や自主的な研究の中から、

 特に興味を持っている話題や論点について、

 私なりの意見を展開してゆきます。

 

 諸賢のご指導、ご叱責を賜れれば、幸いです。

1999年12月  堀 田 勝 己